【顔面神経痛.com】〜神経ブロック〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ganmensinkei2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは顔面神経痛の治療について、神経ブロックについて詳しく説明しています。

神経ブロックとは、痛みの原因の神経に対して局所麻酔薬(歯の治療などで通常使われる麻酔薬)と、少量の抗炎症剤やホルモン剤(炎症や腫れを抑える薬) などを注射する方法です。麻酔薬は痛みを一時的ではあるものの完全に無くすことが可能です。また、筋弛緩作用によって血液循環も良くなり、痛みの原因物質も血流に乗って排泄しやすいようになります。効果は短いのが難点ですが、この治療を繰り返している内に自然と治ってしまうケースも少なくありません。

顔面神経痛には基本的に上半身の痛みに有効な星状神経節ブロックという方法が取られます。これに対し下半身の痛みに有効な硬膜外神経ブロックという方法もあります。

このように神経ブロックの効果は高い水準で立証されていますが、副作用の存在も忘れてはいけません。抗凝固剤を服用している場合は特に出血には気を付ける必要があります。血液を固める作用が一時的に薄くなるので、出血時は血が止まりにくくなります。出血した場合はすぐにかかりつけの医師に伝えましょう


⇒ 薬物療法

⇒ 手術治療

⇒ ガンマナイフ

⇒ 効果的なツボ


sponsored link



copyright©2013  【顔面神経痛.com】〜顔面神経痛の原因と治療〜  All Rights Reserved