【顔面神経痛.com】〜原因について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ganmensinkei2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは顔面神経痛の原因について、詳しく説明しています。

顔面神経痛の原因は、ずばり顔面神経の圧迫です。神経を圧迫することで痛みや麻痺などの機能傷害を引き起こします。神経の圧迫の要因となるものは様々です。

まずウイルス感染による炎症が要因となる場合があります。このウイルスとは主にヘルペスウイルスのことで、ヘルペスウイルスが神経節に潜伏感染して各末梢神経へと運ばれます。通常は自己免疫によってウイルスの活動が活発になることは少ないのですが、演繹力が低下しているとウイルスの活動が活発になり炎症を起こします。これが神経を圧迫し痛みに繋がります。

次に脳腫瘍や動脈瘤が要因となる場合です。腫瘍や動脈瘤が神経を圧迫し、神経痛を引き起こすことが考えられます。脳以外にも髄膜などの腫瘍もあり、髄膜腫によって脳神経が圧迫される場合もあるようです。

他にもストレスが要因となる場合もあります。ストレスによって緊張状態が続くと、血行が悪くなり血流が滞ります。血流が滞ることで細胞に溜まった老廃物や有害物質が排泄出来なくなり、これが神経を刺激して神経痛を引き起こすと考えられます。


⇒ 顔面神経痛とは

⇒ 顔面神経麻痺とは


sponsored link



copyright©2013  【顔面神経痛.com】〜顔面神経痛の原因と治療〜  All Rights Reserved