【顔面神経痛.com】〜顔面神経麻痺とは〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ganmensinkei2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは顔面神経麻痺とはどんな病気か、詳しく説明しています。

顔面神経麻痺とは、ある日突然顔の片側もしくは一部が勝手に動いたり思うように動かせなくなってしまう状態の事を言います。具体的にはまぶたを閉じることや口を閉じることなどが困難になって、最悪全く動かせなくない場合もあります。こうなると瞬きが出来ないので、眼球に深刻なダメージを負うことはもちろん、口が思うように動かなくて食べることさえも困難になってしまうことは容易に想像できます。

顔面神経麻痺は原因が明確な症候性麻痺と、原因が不明確な特発性麻痺に分かれます。前者の原因の多くはヘルペスウイルス感染によるもので、顔面神経痛と同様です。主に口唇ヘルペス経験者に発症します。他にも脳腫瘍や動脈瘤なども主な原因となっています。
後者は別名ベル麻痺と呼ばれるもので、しびれだけでなく完全に麻痺することもあり症状が急速に現れます。この症状を初めて研究した解剖学者のチャールズ・ベルの名から命名されています。


⇒ 顔面神経痛とは

⇒ 原因について


sponsored link



copyright©2013  【顔面神経痛.com】〜顔面神経痛の原因と治療〜  All Rights Reserved