【顔面神経痛.com】〜薬物療法〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ganmensinkei2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは顔面神経痛の治療について、薬物療法について詳しく説明しています。

顔面神経痛の治療には、数種類の治療法があります。その中でも最も多く使われているのが薬物療法です。
処方される薬は抗てんかん薬であるカルバマゼピンという薬です。この薬は元々てんかん患者に対して有効な薬ですが、顔面神経痛にも効果があり半数以上の患者に対して効き目があると言われています。しかし効果は期待できるものの、反面副作用も少なからず起こる可能性があります。具体的には発疹やめまい、吐き気や嘔吐、頭痛、全身倦怠感、発熱、急激な眠気、注意力の低下、精神不安定、不整脈など様々な症状が現れることがあります。
薬の効果がない場合や、副作用としてこのような症状が現れた場合は速やかに医師に相談するようにして下さい。特に高齢者の方はこのような症状にも気付きにくいことが多い為、注意が必要となります。


⇒ 神経ブロック

⇒ 手術治療

⇒ ガンマナイフ

⇒ 効果的なツボ


sponsored link



copyright©2013  【顔面神経痛.com】〜顔面神経痛の原因と治療〜  All Rights Reserved